〜ごとき!と言えるタフさでいこう

こうなったら嬉しいなということ

こんなことはイヤだなということは

たいてい大差ないとおもうんだけど

   

感じることや望むものは

ほぼほぼ同じことなのに

うまく回らないことが

なんだか多い

    

そんな時のイライラや

べこっと凹んだところに

  

  「そんなちっちゃな◯◯ごとき

      なんでもないこと!」と

  

投入!してみると

自分の許容範囲が

ぐん!と広がるような気がする

     

〜ごとき!と言えるタフさって

好きだ

  

今日

肝っ玉かあちゃんのような女性が

年下の若い男性を

叱りつけている時に

使っていた言葉  笑

  

かあちゃんは戦いながら

人の何倍も働く

         

つらいことなど

誰も聴いてくれないのに

まっすぐだ

     
そんなかっこよさで

いきたいとおもうのだ

Facebookページに
いいね!する

Twitter で