リメンバー・ミーを観る | COCO

先日のブログで映画「リメンバー・ミー」について書いたのですが
おくればせながら観てきました
邦題はcocoじゃないんですね
ちょっとざんねん

リメンバーミーラストの一番の鍵となる
重要なシーンを先に観ていたので。。
受け止める角度が整った状態で
観ていました

作中には印象的なモチーフが

死者の日(日本でいうお盆のような日)
マリーゴールドの花びら
毛のないワンコ・ショロ犬

とかとか
出てきました

どんな風に作品をつくっていったのか
妄想しちゃいますね

矛盾のないものを
つくりあげるのは
単純なようで複雑で
難しいようで簡単で

音楽も同じだなと
おもいました

3月のライオンからはじまります

ことわざの3月のライオンのように

ほんとに日本列島荒れ模様のようで

みなさんもお気をつけて

    

3月で思い出したのが

ピクサー最新作の映画

「リメンバー・ミー(COCO)」の

公開がひとつ

     

映画の舞台となっているメキシコでは

もう公開されているので

現地の方がスペイン語版の

エンディングソングシーンを

シェアされてました

  

なにげなく観ていたら

本編もまだ観ていないのに

胸にくるシーンで

思わず泣きそうになってしまいました

音楽は心に触れてくる

届かない場所まで触れられる